フランチャイズ豆知識1/失敗しないFCの基礎知識

フランチャイズシステムとは

フランチャイズシステムとは「フランチャイズ本部が加盟店と契約を結び、加盟店に対し自己の商号・商標などを使用させて同一性のイメージのもとに事業を行なう権利を与えるとともに、経営や集客に関する指導を行ない、場合によっては継続的に加盟店に商材・ノウハウなどを提供し、その対価として加盟店から加盟金・ロイヤルティーなどの金銭を受け取る両者の継続的関係」ということができる。 具体的なFCパッケージの構成要素としては、次のような内容があげられる。

□FC本部の商標、チェーンの名称、または屋号などそのフランチャイズ事業を示す印(商標・サービスマーク・ロゴマーク)を使用する権利

□FC本部が開発した生産・加工・販売・そのほか経営上のノウハウを利用する権利

□当該フランチャイズビジネスのイメージを維持し、高めるためにFC本部が行なう指導や援助を受ける権利

 

FC加盟のメリット

FCへの加盟により加盟店が得られるメリットとしては、以下のような内容があげられます。

□ノウハウをもっていなくても短期間で開業できる
→「開業できる=成功」ではない
→知識・経験は不要だが、能力・適性・努力は必要

□失敗の蓄積がノウハウに生かされているためリスクが低い
→ノーリスクではない

□事業計画がたてやすい
→金融機関で融資を受けやすい

□本部との機能分担により効率的に営業できる
→多店舗化しやすい

□スケールメリットを得られる場合が多い
→仕入れ・店舗施工・什器購入面で安価になる場合が多い

□過去にFC本部が蓄積した知名度を活用できる

□継続的な指導・情報提供や集客指導が受けられる

 

FC加盟のデメリット

FCへの加盟により加盟店が受け入れなくてはならないデメリットとしては、以下のような内容があげられます。

□加盟金やロイヤルティーなどのコスト負担が必要である

□自分の思いどおりにはできないこともある
→研究熱心があだになることもある

□柔軟性がない

□実労働時間はサラリーマンよりも長くなる場合が多い
→業務が軌道に乗り、仕事が人に任せられるようになれば徐々に楽になる

□加盟リスクがある
→契約に縛られるため不振時にも簡単に撤退することが困難
→本部倒産、他加盟店の失敗など外部リスクを抱える
→不良本部や革新力のない本部への加盟により資本ロス・機会ロスの可能性がある